テーマ:つぶやき

【特定秘密保護法】これは憲法改正への一里塚だ

政府は去る17日に特定秘密保護法の運用基準を公表した。秘密対象に防衛、外交、スパイ活動、テロ防止の4分野55項目を挙げたが定義は抽象的で秘密の範囲が明確でない。省庁に都合の悪いことは解釈次第で秘密にできるとの解釈も可能だ。 秘密の指定期間は「適切と考えられる最も短い期間」でその解釈も各省庁にゆだねられ、秘密指定は原則5年ごとに見直すが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【地域経済活性化支援機構】自治体と連携して中小企業の過剰状態解消に努めよ

日銀の異次元金融緩和は政府や企業が改革を通して成長力を高める最後の機会を与えているのではないだろうか。異次元の緩和が日本経済のリスクを顕在化させないうちに日本全体の産業構造改革を急がねばならない。なかでも再編・淘汰が進んでいない中小企業の過剰状態解消は新しい成長やイノベーションの起爆剤となりうる。 日本がデフレ、即ち需要不足に苦し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【体罰問題】画一的人材養成の戦後教育からの脱皮を早急に

大阪市立桜の宮高校のバスケット部主将の自殺事件以降各地の学校で体罰が黙認されている実情が浮上、女子柔道界の暴力事件も明るみに出てきた。体罰を容認してきた風土や組織をどう改革するのかが今後の課題である。体罰に関して、目先の問題解決でなく現代の日本教育のあり方という基本的な観点から考えるべきである。 「体罰は愛情があればゆるされる」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【安倍内閣⑧】税制改正は成長分野への資金と労働力移動に狙いを絞るべきだ

自民、公明両党は1月24日、2013年度税制改正大綱を決定した。内容や狙いは①デフレ脱却に向け民間企業の設備投資や雇用拡大の呼び水となる政策減税措置と②消費税引き上げに向けて増税の影響が大きい商品の駆け込み需要や反動減の影響を少なくする家計への配慮。 今回税制改正の特徴は早期の脱デフレを狙った短期的経済効果を主眼とする減税措置が多い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【安部内閣誕生⑤】補正予算、デフレ対策は歳出削減と構造改革で対応すべし

今年度補正予算案は、来年度の予算成立が遅れることを踏まえ大規模なものになるという。景気下支えを狙い、10兆円規模の予算枠で公共事業などに財政出動し、3年ぶりに国債を追加発行するという。これは14年春の消費税引き上げに備えて増税を判断する13年夏に景気が底割れする事態を防ぐ意図は解るが、景気の落ち込みを一時的に支えるだけで持続的な成長やデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【安部内閣誕生すれば④】公共事業はインフラ維持に。震災にはソフトで対応を

東日本震災をきっかけにそれ以前の公共事業費縮減の路線撤廃を求める声に続いて、与野党双方から公共事業拡大の要望が相次ぐなかで発生した「中央自動車道・笹子トンネル」の事故は道路などの老朽化したインフラをどうするのかという古くて新しい課題を改めて我々に突き付けている。 日本の高速道路の4割は開通から30年以上経過している。高速道路を利用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【もし安部内閣誕生すれば③】GDP成長は公共投資でなく産業構造転換で!

新聞報道によれば15日,都内講演会で安部総裁は経済成長策として「公共投資を行い、その中で名目GDPを成長させる。そして税収を増やし財政再建に向かっていきたい」との発言があったという。 発言の場にいたわけではないので,その趣旨やニュアンスが解らないが常識的に考えると「急速な高齢化と人口減少が見込まれるなか、従来の様に道路や公共施設を大幅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発再稼働判断の責任はどこか?議論の究極は代議制民主主義の是非へ

原子力発電所の再稼働に関し政府と原子力委員会で意見が相違している。野田首相は再稼働の判断では、規制委が主導的役割を果たすという。政府の細野原発事故担当相は「実質的に規制委の見解が再稼働の判断になる」など今後の再稼働は規制委が判断するとの立場に立ち、計画中で着工前の9基の原子炉設置について「原子力規制委員会から意見を求められれば新設すべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【もし安部内閣誕生すれば②】金融の量的緩和ではデフレ脱却はできない

自民党安部総裁は11日の記者会見で日銀の金融政策に関して「思い切った量的緩和をすべきで今までの対応は不十分」「我が党が政権をとっていれば、政府と協調してデフレ脱却のため大胆な金融緩和をし、一方で2~3%の安定的なインフレターゲットを持つ方がいい」と語ったそうだ。 大胆な金融緩和とは具体的に何を指すのか? 安部総裁の「2~3%のイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【もし安部内閣誕生すれば①】短絡的な金融緩和政策は国民生活を破綻に招く

 安部氏が自民党総裁に選ばれた。衆院選挙の結果次第では次の首相に就く可能性がある。それゆえ、ケチをつけるようだが、選挙が終わった今、総裁選での安部発言に疑義を質したい。  安部氏は、まさか累積財政赤字を物価上昇(インフレ)で棒引きしようと短絡的に考えていないと思うが「デフレ脱却の手段として日銀に量的緩和を含め一層の金融緩和を求める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無策無能外交。知恵がなければ汗を出せ!『玄葉外相、李大統領との関係改善断念?』

9月4日付産経新聞によれば、玄葉外相は4日午前の記者会見で李明博大統領の竹島上陸で悪化した韓国との関係について「安保上,日韓の連携が大事。韓国次期大統領政権にできるだけ影響をあたえない方向で考えないといけない」と述べ、関係改善は来年2月の次期大統領就任以降との見通しを示した。また国際司法裁判所への単独提訴の決意を示した。 玄葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more