テーマ:教育

【体罰問題】画一的人材養成の戦後教育からの脱皮を早急に

大阪市立桜の宮高校のバスケット部主将の自殺事件以降各地の学校で体罰が黙認されている実情が浮上、女子柔道界の暴力事件も明るみに出てきた。体罰を容認してきた風土や組織をどう改革するのかが今後の課題である。体罰に関して、目先の問題解決でなく現代の日本教育のあり方という基本的な観点から考えるべきである。 「体罰は愛情があればゆるされる」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more